ステラロサクリニック

ドクター紹介

ごあいさつ

一般の病院や医院では、主に保険診療を行っております。これは、国民健康保険や社会保険などの医療保険に加入することにより、医療費の負担が0-3 割になるもので、普通の病気やけがは、この保険診療の適応になります。厚生労働省により、それぞれの治療に「保険点数」という費用が決められていますので、同じ治療であれば基本的にはどこの病院でも費用は同じになります。

一方、美容外科や美容皮膚科は、病気やけがを治すわけではないので、保険適応にはなりません。自由診療といって、それぞれの病院がその治療に適当と思われる費用を決め、お客さんもその費用で納得した上で治療を受けるものです。よって、同じ治療内容でも、病院によって費用はさまざまです。

保険診療と自由診療は、明確に分かれるようにみえますが、少しまぎらわしいものもあります。例えば、わきがの手術やほくろの切除は、保険適応になります。ただし、わきがのボトックス注射や、ほくろに対するレーザー治療は、保険適応外ですので、自由診療になります。また、二重の手術は美容ですが、眼瞼下垂(まぶたが開きにくい)の手術は保険でできます。傷跡をきれいにする手術も、その傷跡がひきつれを起こしていれば保険適応ですが、ひきつれがなくただ見た目だけの問題であれば自由診療となります。しみやあざに対するレーザー治療も、保険適応になる場合と、ならない場合があります。

ステラ ロサ クリニックでは、保険診療と自由診療の両方を行っておりますので、治療の幅が広がり、治療効果や費用の面などでご希望に沿いやすくなっております。

ステラ ロサ クリニック
院長  久富 剛

ページの上部へ

ごあいさつ

1999年
東京大学医学部卒

1999年
東京大学形成外科入局
関連病院にて研修

2006年
大手美容外科入職

2008年
ステラ ロサ クリニック開設

日本形成外科学会認定専門医

ページの上部へ